Lアングル(シュアーM44&牛殺専用ダイレクトシェル)

Lアングル:シュアーM44の音をダイレクトに聴く!  2021年2月発売 ¥22,000(税別)

JICOから発売されたシュアーM44G、M44-7交換針 牛殺は音も外観も素晴らしいものだったので専用の一体型シェルを製作しました。軽量で使いやすい、でもちょっとマニアックな商品です。オリジナルの針にも最適です。プラスチックハウジングがないと、どんな音になるのか試してみてください。

●M44G、44-7のハウジングを外し、接着固定するユニークなキット

●詳しい説明書が付属

●アルミ&黒檀削り出しボディ

●アルミ&ブビンガ削り出しボディ

●4N純銀線(黒檀版)、102SSC線(ブビンガ版) 、共にオヤイデ

●ハンドポリッシュステンレスパーツ、ビスも磨かれています。文字は全て彫刻で再現

●オリジナルの針にも最適です。

●セットすると針位置は52ミリに決まります。側面の彫刻はそれを示しています。

●聞き比べで想定しているのはオルトフォンのSH-4です。どこでも売っていて最も入手しやすいシェルです。

●針位置はSH-4とM44(ノーマル)の組み合わせと近い高さになりますので、聞き比べが楽しめます。シェルの重量は違うので針圧調整は必要になりますが。

●Lアングルの針位置は固定ですので高さの微調整はトーンアーム側で行ってください。

オンラインショップで購入

Lアングル交換手順

(シュアーM44G、M44-7を分解する)

シュアーの接着剤は柔らかいのでカッターの刃先は簡単に差し込めます。少し左右にこじるようにゆっくり動かします。

1ミリくらいのスキマが開くので、付属のヘラを奥まで差し込みます。

上にゆっくり持ち上げると、簡単に外れます。

接着剤を除去。ベンジンで拭くと数分できれいになります。

接着前に不自然な浮きがないか、水平を確認しましょう。

接着剤は、はみ出さないよう手前は十分空けてください。はみ出したらベンジンで拭き取ります。

接着剤の硬化前にリード線を取り付けると、反発力で浮き上がります。一晩くらいは待ちましょう。